苔むすび

タマゴケ

LINEで送る
Pocket

タマゴケについてまとめました。

適宜加筆修正していきます。

 

タマゴケの特徴

 

タマゴケは鮮やかな黄緑色が特徴的な美しい苔です。

冬場に旺盛に成長し、暑い時期の成長はゆっくり、あるいは成長がとまります。

2月頃になると、タマ状の蒴(さく)を出し、その姿が非常に可愛らしい苔です。

この胞子体の姿が「タマゴケ」の名の由来になってしますが、

英語では “apple moss” と呼ばれ、蒴をリンゴに見立てるようです。

 

 

タマゴケの植え付け

 

茎の頭を揃えた上で、1~2cm程度になるよう茎の下部を切り、用土に挿して植え付けます。

 

 

タマゴケの育て方

 

苔の中では比較的乾き気味の場所にも耐えられますが、

同時にジトジトの環境でも体調を崩すことが少ないため、

テラリウムの中であれば比較的場所を選ばない、オールマイティーな苔です。

密閉容器でも、光を十分に与え、水分を与え過ぎなければ、

比較的徒長しにくい点も扱いやすいといえます。

ただし、暑さには弱いため注意が必要です。

4月以降に植え付け、定着しないうちに暑さのストレスにされされると、

色が悪くなりやすい傾向にあります。なるべく25℃未満を保つようにしましょう。

一方で、早めの時期に植え付け、暑くなるまでに定着したものは、案外強く、

30℃程度になっても劣化せずに夏を超えることが多いようです。

春の来ないうちに、なるべく早めに植え付けるよう心がけましょう。

夏場に色が悪くなっても、涼しい季節がくるとまた新芽が出てくる場合も多いので

諦めずに育て続けてみても良いと思います。

また、夏場屋内がどうしても暑くなる場合は、冷蔵庫保管がおすすめです。

タマゴケは2ヶ月程度冷蔵庫保管しても問題ありません。

 

 

タマゴケFAQ

 

Q:

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

次の記事へ

お気軽にお問い合わせ、ご予約ください。

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP